2人らしさで結婚式をさらに感動的にすべし!

素敵なプロフィールビデオ制作のコツは?

プロフィールビデオは2人のおいたちや自己紹介を、写真や動画、音楽を使って1本のビデオにするものです。
内容に決まりはありません。
上映時間も5~6分程度のシンプルなものから、15分程度のじっくり見せる大作まで2人次第です。
2人らしさの伝わるものであることが重要ですが、楽しく感動できるものを作るポイントを押さえましょう。
まず選ぶ写真ですが、かわいらしい子ども時代、趣味や部活に没頭している真剣な顔、友人に見せる屈託のない顔、意外と家族が知らない社会人の顔、誰にも邪魔できない2人だけの世界など、いろんな一面を紹介することで、招待した方全員にまんべんなく楽しんでもらえます。
また友人や同僚、上司、家族も映った写真を使うことで、ビデオに登場した人たちは恥ずかしくもうれしい気持ちになります。
笑いを誘う写真などを織り交ぜながら、飽きずに観られる1本を作りましょう。

プロフィールビデオのベストタイミングは?

結婚式のハッピーで感動につつまれる空気感は何度出席しても素敵です。
そんな結婚式をさらに盛り上げるのに、プロフィールビデオは欠かせない演出の一つですが、プロフィールビデオは、どのタイミングで流すのが効果的でしょうか。
結婚式はお色直しなどで2人が不在になる時間が意外に多くあり、その間に何となくだらっとしてしまう雰囲気をつなぐ効果もあります。
流すタイミングに決まりはありませんので、開宴前やお色直し後の再入場の時に流すカップルもます。
同じビデオを流すなら、できれば感動の涙を誘うタイミングにしたいですよね。
招待客は結婚式の間、写真撮影や余興などを通じて少しずつ2人の人柄に触れていき、新郎の友人も式の後半には新婦を前から知っていた人のように感じ始めます。
そのため、ビデオも結婚式の中盤以降、例えば花嫁による両親への手紙の直前などに流すことで、2人への感情移入ができ涙を誘うものになりそうです。


この記事をシェアする